瀬戸内国際芸術祭2013[沙弥島~沙弥島・西ノ浜の家 / 島スープ~]4/13(土)

101 沙弥島・西ノ浜の家 藤山哲朗+冨井一級建築設計事務所

10:00
a0197729_19345875.jpg

芸術祭シャトルバスを降りて、

真っ先に向かったのは・・・!!

「沙弥島・西ノ浜の家」。

こちらで春会期中、地域食材を使用した食事、

「島スープ」が提供されます。

前回は、食べることができず、泣く泣く沙弥島をあとにしたわけです。

連日、瀬戸内国際芸術祭2013HPの“混雑状況”に表示される

「本日分の島スープ完売」の文字。

今日こそは!!と意気込んで来たものの、予想以上の行列の長さに愕然。

50~60人くらいは並んでいたかな?

とりあえず、即、行列の最後尾へ。

10:15
a0197729_1945322.jpg

私の後ろにも、前と同じくらいの人数が並んでいる様子。

近くにアート作品「そらあみ」がありますが、

端っこまで並んでるような???

10:30 島スープ、沙弥定食など販売開始。

・・・

ところが、なかなか行列は前には進みません。

10:47
a0197729_19493744.jpg

アーティストのEAT&ARTTARO(いーと & あーと たろう)さんが、

並んでいる人たちに、島スープの説明など。

10:52
a0197729_19511298.jpg

EAT&ARTTAROさんがいらっしゃる場所へ

辿り着いたのは、10:52。

こちらで、EAT&ARTTAROさん自ら、

作品鑑賞パスポートの164番にスタンプを押してくださいます♪
a0197729_1953078.jpg

島スープに使用されているカメノテ・錕飩・昔塩の説明書↓
a0197729_20411240.jpg

a0197729_2045723.jpg
a0197729_20452879.jpg
a0197729_20455843.jpg

受け渡し口までが、ホント、長かった~
a0197729_2051184.jpg

164 島スープ EAT&ARTTARO 10:56
a0197729_2047480.jpg

念願の島スープです!!! 嬉しい♡
a0197729_20502594.jpg

スプーンの上に、カメノテがちょこんと乗せてあります。

このカメノテは、毎日EAT&ARTTAROさんが

沙弥島の沿岸で採ってきたもの。

これで出汁をとり、昔塩で味付けしたとてもシンプルなスープです。

大豆、かぶ、ワカメなど1,000年前からある食材だけを使用。
a0197729_20553144.jpg

こちらは ↑ 錕飩(鶏肉を香川県産小麦のうどん生地に包んだもの)。

うどんの原型となった「こんとん」。

もっちり具合が◎

磯の味がほんのり香る優しい味、

青い海を眺めながらいただく島のご馳走、大満足でした♡

ごちそうさまでした!

11:04
a0197729_21114341.jpg

2013年4月13日(土)

この日準備されていた島スープは120食、沙弥定食は100食。

10:35 164 EAT & ART TARO / 島スープ 本日分の島スープ完売
瀬戸内国際芸術祭2013HPの“混雑状況”より

↑販売開始10:30~ですが、5分で完売。

あの行列の多さだと・・・当然のことでしょうね。

整理券の配布とかあればいいのになと思いました。


食とアートの融合「島スープ」、

夏は伊吹島(観音寺市)、秋は本島(丸亀市)で開催。


どんな創作スープが発表されるのか、とても楽しみです♪


【関連記事】
瀬戸内国際芸術祭2013[沙弥島~沙弥島・西ノ浜の家 / 島スープ~]3/20(水・祝)
[PR]
by bairas000 | 2013-04-13 19:54 | 瀬戸内国際芸術祭2013


<< 瀬戸内国際芸術祭2013[沙弥... 再び、沙弥島へ >>