直島へ

a0197729_21493420.jpg

2013年4月19日6:47

まずは乗船券を購入。

宇野~直島(280円)
a0197729_21544334.jpg

直島の港は、宮浦港(みやのうらこう)と本村港(ほんむらこう)の2ヵ所。

メインの玄関口となるのは「宮浦港」で、

多くの方は「宮浦港」行のフェリー(定員約450人)に乗船すると思います。

が、私は「本村港」行 高速旅客船(定員約80人)を選びました(笑)
a0197729_224523.jpg

フェリーのりばと小型旅客船のりばは場所が少し離れています。
a0197729_22145412.gif

a0197729_228643.jpg

a0197729_2284936.jpg

旅客船のりばに到着。
a0197729_2294028.jpg

寄り道しなければ、乗船券売場から徒歩5分くらいかな?
a0197729_22115074.jpg

船名:アートバード

07:25 宇野発(1便)
 ↓
20分
 ↓
07:45 直島(本村)着

直島(なおしま)
a0197729_22191521.jpg

本村港
撮影日:2013年4月19日8:24

保元の乱後、讃岐に流される途中に崇徳上皇(すとくじょうこう)が立ち寄り、
名付けたとされる「直島(なおしま)」。瀬戸内海の海上交通の要衛として、
島の人々は廻船業や漁業に関わってきた。大正時代には銅製錬所が建設され、
近代工業の島へ。それが近年、世界のアートファンが訪れる島となった。

面積=14.23 km² 総人口=3,246人(推計人口、2012年12月1)



現代アートの聖地、直島へ☆

初めての直島です♪
[PR]
by bairas000 | 2013-04-25 13:00 | 瀬戸内国際芸術祭2013


<< 直島風景① 瀬戸内国際芸術祭2013[宇野... >>