瀬戸内国際芸術祭2013[直島~家プロジェクト「南寺」バックサイド・オブ・ザ・ムーン~]

006 家プロジェクト「南寺」バックサイド・オブ・ザ・ムーン
a0197729_2318196.jpg

家プロジェクト(いえプロジェクト)
香川県直島町・本村地区において古民家を改装し、
現代の芸術家が家の空間そのものを作品化(インスタレーション)した
7つの建築からなるプロジェクト。

a0197729_23423062.jpg

南寺
明治時代まで「南寺」という寺院が実在していた場所に
安藤忠雄が設計を担当し、新たに建てられた建物。
内部のジェームズ・タレルの作品のサイズにあわせ設計されている

a0197729_2343302.jpg

自転車を借りて、最初に向かったのは「南寺」。
a0197729_2343749.jpg

家プロジェクトは10:00~鑑賞ですが、

「南寺」の鑑賞整理券を入手するために、

9:00過ぎ、現地にて待機。

私の前には、4名の方が並んでいました。

スタッフの方が仰るには、

この日は団体様のご予約があったようで、

10:15~の鑑賞になります、とのこと。

9:22 「南寺鑑賞券10:15」整理券を無事入手しました^^
a0197729_23425327.jpg

整理券には15分と書いてありますが・・・10分前に集合とのこと。
a0197729_2339295.jpg

9:27 

集合時間まで、近くのアート作品を鑑賞。

10:00 5分前行動で「南寺」に戻ってきました!!
a0197729_235258.jpg

a0197729_23561550.jpg

※写真撮影禁止。外観は写真撮影可。

いよいよ、10:15鑑賞時間となりました。

スタッフの方から事前に簡単な説明があります。

鑑賞は一度に16人ずつ。

入口から左手を壁に添えたまま、中へ入ります。

中は、真っ暗な闇。

自分の手も見えず、怖いくらいの闇です。

中にもスタッフの方がいて、

「椅子に座ってください」と指示がありますが、

椅子の場所も、全くわかりません!!

手探りで椅子の位置を探していると、スタッフの方が

誘導してくれ、何とか椅子に座ることができました。

静かな闇の中、

ほんの一瞬見えて、消えて、また見える。

かすかな光をとらえることができます。

それは、次第に消えることなく

映し出されました。
※見え方には個人差があるようです。

私が入り込んだのは、闇ではなく、光。

素晴らしい体験ができました。
[PR]
by bairas000 | 2013-04-28 00:36 | 瀬戸内国際芸術祭2013


<< 瀬戸内国際芸術祭2013[直島... 直島風景① >>