迷路のまちの小さな美術館 MeiPAM

「モノノケ堂」を堪能した後は、

古い蔵や倉庫をリノベーションしたアートギャラリー

迷路のまちの小さな美術館 MeiPAM(メイパム)」へ☆ミ

「MeiPAM」は三ヶ所展示場所があります。

「モノノケ堂」1F受付にて、

入場料を払い、カードキーを貰って、

雨の迷路のまちを散策です!!

「モノノケ堂」から徒歩数分。まずはこちら↓

MeiPAM01
a0197729_1154795.jpg

かつては呉服店の蔵だったアートスペースが・・・写真の左側にあるのですが、

映ってませんでした(笑)

通常は、MeiPAM 01の正面にあるスパイラルタワーを上り、

アートスペースの蔵へ入るそうなのですが、

この日は、豪雨!!

床が滑りやすくなっているため、

タワーの中を上って、一旦降りて、

蔵へ入ってくださいとのこと。
a0197729_1285164.jpg

扉を開けると、らせん階段。上下ぐるぐると続いているような・・・

『HEISEI MAZE SPIRAL』と名付けられたこちらのアート作品は、

「平成」と「明治時代」からある蔵につなぐ架け橋となるらせん階段。
混沌とした迷いのスパイラルから脱して迷いのない未来へ。


このような意味があるそうです。

こういうアプローチ、好きなんですけどね~

豪雨だったから仕方ないですよね・・・

明治時代からある蔵でのアート作品を鑑賞。

蔵の2Fで上がります。
a0197729_12155055.jpg

椛田有理「空知らぬ星-Acquisition of Phenomenon-」展
2013年 7月6日(土)〜11月24日(日)

a0197729_1216125.jpg

さらに、3Fへ。
a0197729_12181398.jpg

薄暗い部屋の中、雷の音が聞こえます。

・・・ストームハウス?(笑)

蔵を出ると、さらに激しい雨でした(笑)

MeiPAM 02
a0197729_1223082.jpg

思いがけないとこから出ました(笑)・・・ちょっと迷いました。
a0197729_12231282.jpg

ここは、かつて醤油屋や米屋の倉庫。

カードキーで入場します。
a0197729_122428.jpg

蓜島庸二 「文明の貝塚」展
――“ユートピア” という、人間の、ほとんど宿痾に――
2013年 3月16日(土)〜11月24日(日)

a0197729_12241114.jpg
a0197729_12241773.jpg

玉手箱を発見しました!・・・蓋は・・・開けませんw
a0197729_13385762.jpg

ここから、MeiPAM 01まで戻り、細い路地裏を抜けて、

不安になりながらも、何とか到着。

MeiPAM 03
a0197729_12263949.jpg

かつて喫茶店と小料理屋の店舗だったところ。

こちらもカードキーを使って入場。

扉を開けると・・・!!
a0197729_1228204.jpg
a0197729_12282940.jpg
a0197729_12292252.jpg

柳生忠平「ヨルノ蟲ト白イ女」展
2013年 3月16日(土)〜11月24日(日)

※写真撮影忘れ

「MeiPAM」のアート作品は、

期間によって変わるそうです。


[入場料]
MeiPAM 3space共通
一般:800円
(瀬戸内国際芸術祭作品鑑賞パスポート提示で600円) 
MeiPAM 1space単独
一般:300円 




雨のまち歩きも、なかなか楽しかったです。
a0197729_1344624.jpg

浮きアートのお地蔵さん
a0197729_13441623.jpg

石の絵手紙
a0197729_13442674.jpg
a0197729_13443654.jpg




メモ↓

◇鑑賞時間◇ 2013.8.24 9:56~11:13

迷路のまち~変幻自在の路地空間~ 目 [約15分]
モノノケ堂 [約20分]
迷路のまちの小さな美術館 MeiPAM [約40分]

ランチの予約を11:00にしていましたが、
予定時刻が過ぎそうだったので11:30に変更していただき、
足早に散策。
[PR]
by bairas000 | 2013-09-22 13:46 | 瀬戸内国際芸術祭2013


<< 海と山の幸 Hicos モノノケ堂 >>