カテゴリ:瀬戸内国際芸術祭2013( 264 )

高松へ

10月27日(日)
a0197729_15295034.jpg

宇野港 芸術祭第1駐車場(500円/日)に車を停めて、

フェリーで高松へ。

宇野~高松:往復1,280円
a0197729_15373621.jpg


8:20 宇野港発
 ↓
9:25 高松港着

この日は、高松のアート作品残り4作品を鑑賞することに。
[PR]
by bairas000 | 2013-11-04 15:36 | 瀬戸内国際芸術祭2013

瀬戸内国際芸術祭2013[宇野~ 宇高連絡船・機関車わらアート号~]

000 宇高連絡船・機関車わらアート号 こへび隊+こえび隊
a0197729_11222087.jpg

「大地の芸術祭」をサポートしているこへび隊と

「瀬戸内国際芸術祭」をサポートしているこえび隊の方たちが

作った機関車わらアート号。

この作品には上にのぼることができます。
a0197729_1125264.jpg

私も上ってみました。
a0197729_11252840.jpg

ボタンを押すとシャボン玉が出る仕掛けもありました。
[PR]
by bairas000 | 2013-11-04 11:25 | 瀬戸内国際芸術祭2013

さよなら、直島

a0197729_1112582.jpg

ベネッセハウスパークから徒歩でつつじ荘へ。

つつじ荘から、直島直営バス(100円)で宮浦港へ。

雨も降ってきたし、体調も悪化すると困るので、

早めに帰ることにしました。


アートの聖地・直島、

春・夏・秋、3シーズン通って、

やっとアート作品全制覇です。


春会期に訪れた地中美術館も、また行きたいですし、

屋外作品もまだ鑑賞していないものがありますし。

芸術祭が終わっても、また訪れたい島です。


14:55 直島(宮浦)発
 ↓
15:15 宇野港着


宇野駅前の広場では、獅子舞が躍っていました。
a0197729_1120858.jpg

[PR]
by bairas000 | 2013-11-04 11:20 | 瀬戸内国際芸術祭2013

瀬戸内国際芸術祭2013[直島~ベネッセハウスパークアートツアー~光の棺/苔の観念~]

《ベネッセハウスパークアートツアー》
時間=13:00、15:00(各回30分)
集合場所=ベネッセハウスパーク玄関前
(012 Final Call アンソニー・カロ横)
定員=25人(先着順)
別途料金=500円(宿泊者は無料)


ベネッセハウスパークアートツアーに参加。

12:45集合場所に到着。

たくさんの人が集まっているのかと思っていたのですが・・・

ツアー参加者は最終的に15名程度でした。

ツアー開始前に、料金を支払い、

ツアー用の丸いシールを服の左胸辺りに貼るよう案内があります。

私は、作品鑑賞パスポートに貼りつけました(笑)


ベネッセハウスパーク館内の地下へ進みます。

以前、ここはロビーだったとか。

ここを福武總一郎氏の希望により、

「鎮魂の空間」をテーマにしたアートスペースにしたそうです。

ここにいくつかのアート作品の展示があり、

スタッフの方が説明をしてくださいます。

打ちっぱなしのコンクリートに、光が差し込み、

美しい十字架が現れる写真は、

安藤忠雄の代表作である「光の教会」は、

茨木春日丘教会。大阪にあるそうなので、

機会があれば一度は訪れてみたいです。

他に、「松林図」「ワールドトレードセンター」など。

すべての写真がモノクロであり、ピントが合っていない。

これは杉本氏が、建築家の頭の中を想像して、

このような写真を撮影したそうです。

011 光の棺  杉本博司

この作品は、それらの写真の近くに置かれていました。

パーク内のコートヤードには、

011 苔の観念  杉本博司

難しい難しい数式を形にしたもの?・・・らしい・・・

水面に映る綺麗な屋外作品があったり、

通路の途中には、

木彫りのバラが展示されていたり、

もっとゆっくり鑑賞したかったのですが、

ツアー後半は、ささささーーーーって感じで終わりました(涙)
a0197729_1162439.jpg

ここで、アートツアーは終了。

通ってきた同じ道を帰ろうとしたけど、

鍵が閉まっていました(涙)

宿泊客は自由に出入り鑑賞ができるみたいです。

ベネッセハウスパークを外から撮影。
a0197729_1184023.jpg

貧富の差を感じながらの撮影です(笑)
a0197729_1192384.jpg

いつか、宿泊することを夢見て。
[PR]
by bairas000 | 2013-11-04 11:10 | 瀬戸内国際芸術祭2013

瀬戸内国際芸術祭2013[直島~Final Call~]

012 Final Call アンソニー・カロ
a0197729_1015597.jpg

宮浦港から、直島直営バス(100円)でつつじ荘へ。

ベネッセハウスパークまで歩いてもすぐなんですが、

体調のこともあるので

ベネッセアートサイト直島場内シャトルバス(無料)に乗車。

作品は、ベネッセハウスパーク前に展示されています。
[PR]
by bairas000 | 2013-11-04 10:22 | 瀬戸内国際芸術祭2013

直島へ

a0197729_943203.jpg

10月19日(土)・・・曇り・・・

この日は、本島行きを予定していましたが、

天気がよくないこと、私の体調もイマイチだったので、

急遽、予定を変更して

直島へ行くことに。

芸術祭第1駐車場(500円/日)に車は停めれましたが、

私で最後、満車となりました。

先週(10月12日)よりはお客さんも少なかったそうですが、

フェリーは、あっという間に満席状態。
a0197729_9455781.jpg

宇野~直島(宮浦):往復540円

11:00 宇野港発
 ↓
11:20 直島(宮浦)着


直島は、残り2作品ですので

この日はのんびり行きましょ。

まずは、ランチから♡
[PR]
by bairas000 | 2013-11-04 09:53 | 瀬戸内国際芸術祭2013

さよなら、小豆島

a0197729_9221562.jpg

17:30

最高のお天気に恵まれた小豆島巡り、

無事、終了しました!!

アート作品はおかげさまで全制覇できましたし、

グルメも観光も楽しみました。

それでも、小豆島は知らないところが多くて、

行ってみたいところがたくさんあります。

また行く日を楽しみにしておきます♪

この日は、三連休真ん中の日曜日ということもあってか、

フェリーのりばには乗船待ちの車の行列!!

私たちは、最後から3番目くらいギリギリ乗船できました(汗)


17:30 小豆島(土庄)発
 ↓
18:40 新岡山港着


帰りの空は、期待虚しく

夕焼けを見ることはできませんでしたが、

とても充実した1日を過ごすことができたので、大満足でした。
[PR]
by bairas000 | 2013-11-04 09:32 | 瀬戸内国際芸術祭2013

瀬戸内国際芸術祭2013[小豆島~太陽の贈り物~]

058 太陽の贈り物 崔正化 16:58
a0197729_9175730.jpg

夏シーズン、小豆島で初めて出逢ったアート作品。

秋シーズンは、この作品で〆させていただきます。
a0197729_9203345.jpg

[PR]
by bairas000 | 2013-11-04 09:21 | 瀬戸内国際芸術祭2013

瀬戸内国際芸術祭2013[小豆島~ANGER from the Bottom~]

078 ANGER from the Bottom  ビートたけし×ヤノベケンジ 14:44 
a0197729_0353774.jpg

坂手港から徒歩約10分。

「ANGER from the Bottom(地底からの怒り)」に到着。

こちらの作品は、

9:00~17:00 毎時0分に出現します。

出現時の轟音は、ビートたけしの声らしいのですが・・・

前回はわからなかったので、

今回は集中して聴いたのですが、

・・・いまいち、よくわかりませんでした(笑)

15:00
a0197729_0371267.jpg

神様が帰った後、

鑑賞者から拍手がおこりました。
[PR]
by bairas000 | 2013-11-04 00:40 | 瀬戸内国際芸術祭2013

瀬戸内国際芸術祭2013[小豆島~スター・アンガー~]

077 スター・アンガー ヤノベケンジ 14:27
a0197729_02889.jpg
 
こううん駅から坂手港へ。

前回は、豪風雨の中鑑賞したのも、今ではおかしい思い出話(笑)
a0197729_0282220.jpg

青空をバックに鑑賞。光り輝く作品、とても綺麗でした。
[PR]
by bairas000 | 2013-11-04 00:31 | 瀬戸内国際芸術祭2013