<   2013年 04月 ( 57 )   > この月の画像一覧

瀬戸内国際芸術祭2013[直島~家プロジェクト「碁会所」~]

007 家プロジェクト「碁会所」  須田悦弘
a0197729_2292942.jpg

家プロジェクト(いえプロジェクト)
香川県直島町・本村地区において古民家を改装し、
現代の芸術家が家の空間そのものを作品化(インスタレーション)した
7つの建築からなるプロジェクト。

碁会所

この名称は、昔、碁を打つ場所として島民が集まっていたことに由来する。
須田悦弘により、建物全体を作品空間として制作・復元され、
建物内部には速水御舟の「名樹散椿」からヒントを得て創作された作品「椿」が展示される。


※写真撮影禁止。外観は写真撮影可。

【参考】
家プロジェクト「碁会所」
(瀬戸内国際芸術祭2013HPより)

入って、右側の和室には

椿の花が散りばめられています。

スタッフの方から

「この椿の花、木彫なんですよ」

と教えて頂き、

その精巧な作りに驚く。

さらに、左側の和室の手前に置かれてある

竹細工、こちらも木彫。
[PR]
by bairas000 | 2013-04-29 23:30 | 瀬戸内国際芸術祭2013

瀬戸内国際芸術祭2013[直島~三分一博志建築構想展~]

010 三分一博志建築構想展  三分一博志(さんぶいちひろし)
a0197729_21304992.jpg

※写真撮影禁止。外観は写真撮影可。

犬島精錬所美術館の設計で知られる建築家・三分一博志氏の思想と

これまでに手がけた建築や直島で始動するプロジェクトを紹介。

犬島も、まだ行ったことないので

いい勉強になりました。

模型を照らす電気を太陽に見立て、

光がどのように建物に入り込むか、

点けたり消したりして、

観察しました。
[PR]
by bairas000 | 2013-04-29 23:00 | 瀬戸内国際芸術祭2013

本村ラウンジ&アーカイブ

a0197729_21182427.jpg

10:45

護王神社から、本村ラウンジ&アーカイブへ。

本村ラウンジ&アーカイブは

かつて農協のスーパーマーケットとして使用されていました。

その基本的な構造をほぼ残し、建築家・西沢立衛氏が空間をデザイン。


家プロジェクトのガイドやインフォメーションはこちらで。

直島でアートプロジェクトを手がけたアーティストや

建築家の書籍・資料を閲覧することができます。

関連グッズ、書籍などの販売も。


事前に予約しておいた家プロジェクト「きんざ」の鑑賞チケットを購入しました!
a0197729_21235379.jpg

「きんざ」の鑑賞時間まで

少し時間があったので、他のアート作品を鑑賞することに。
[PR]
by bairas000 | 2013-04-29 22:00 | 瀬戸内国際芸術祭2013

瀬戸内国際芸術祭2013[直島~家プロジェクト「護王神社」アプロプリエイト プロポーション~]

005 家プロジェクト「護王神社」アプロプリエイト プロポーション 杉本博司
a0197729_20125014.jpg

家プロジェクト(いえプロジェクト)
香川県直島町・本村地区において古民家を改装し、
現代の芸術家が家の空間そのものを作品化(インスタレーション)した
7つの建築からなるプロジェクト。

a0197729_20131016.jpg

護王神社

海を見下ろす高台にある江戸時代から祀られる神社。
改築の際に、新たな社殿を杉本博司が設計。

a0197729_20135633.jpg

老朽化にともないこの古い神社は

「家プロジェクト」の一環として蘇りました。
a0197729_2026758.jpg

真っ白な敷石とガラスの階段。

ガラスの階段がとても綺麗で、

いろいろな角度から鑑賞しました。

忘れていました!!
[PR]
by bairas000 | 2013-04-29 21:30 | 瀬戸内国際芸術祭2013

瀬戸内国際芸術祭2013[直島~家プロジェクト「角屋」Sea of Time 98ほか~]

004 家プロジェクト「角屋」Sea of Time 98ほか
a0197729_17352047.jpg

家プロジェクト(いえプロジェクト)
香川県直島町・本村地区において古民家を改装し、
現代の芸術家が家の空間そのものを作品化(インスタレーション)した
7つの建築からなるプロジェクト。

a0197729_17354071.jpg

角屋
家プロジェクトの第1弾。200年ほど経過した家屋を、焼板、漆喰、本瓦を使用し復元。
山本忠司が建築を担当。


※写真撮影禁止。外観は写真撮影可。

【参考】
家プロジェクト「角屋」Sea of Time 98ほか
(瀬戸内国際芸術祭2013HPより)


「ANDO MUSEUM」が早く開館していたので、

もしかしたら?と思って訪れると

・・・開いていました!!9:45

通常は10:00~開館ですが、やはり、

この日は団体様が来られるとのことで

準備が整い次第の開館となったそうです。


戸を開けて入ると・・・!!

驚いたのは、靴の多さ(笑)

私より先に、約20名の団体様が鑑賞されていました(笑)


暗い部屋の中、中央部には水が張られ、

その中で125個のLEDデジタルカウンターが点滅しています。

ゆっくりのものもあれば、早いものも。

「シー・オブ・タイム」時間の海。


土間の壁には液晶ガラスに透明な数字がランダムに変化していく

「ナオシマ・カウンター・ウィンドウ」も。

影が映し出されるのを見るのも面白い。


上記の2作品に加えて、

「チェンジ・ランドスケープ」という作品もあったみたいなのですが・・・

見逃してしまったようです(苦笑)
[PR]
by bairas000 | 2013-04-29 19:00 | 瀬戸内国際芸術祭2013

珈琲倶楽部 花紋

美味しいラーメンを食べたあとは、

岡山県津山市上河原の「珈琲倶楽部 花紋(こーひーくらぶ かもん)」へ☆
a0197729_17183469.jpg

素敵なお庭を眺めながら、カフェタイムを楽しむことができます。
a0197729_17193741.jpg

生レモンスカッシュ・マンゴーパンケーキ
a0197729_17201214.jpg

季節限定・いちごパンケーキが食べたかったのですが、

いちごは終了し、マンゴーになっていました^^;

生レモンスカッシュは、酸味控えめ甘さ強めでした。


こちらでも、他愛のない話を楽しみながら

ゆっくり過ごすことができました♪


ごちそうさまでした☆


16:00過ぎに津山市を出発、

18:00頃には岡山市へ帰ってきました。

とても充実した楽しい一日でした^^

皆さまお疲れさまでした~♪

また遊んでやってくださいね(笑)
[PR]
by bairas000 | 2013-04-29 17:23 | グルメ

麺屋 大輔

「御前酒まつり」の後は、

〆のラーメンはこちら↓

岡山県津山市の「麺屋 大輔 (めんや だいすけ)」☆
a0197729_16574946.jpg

前回は、ちょうど2年前に訪問。

麺屋 大輔:◇◆◇猫大統領◇◆◇2011-04-30

前回は、とんこつだったので

今回は、「しお」を注文。

特製にしたいのは、ヤマヤマなのですが~・・・

散々食べて飲んだ後なので、「ふつう」にしました^^;


しお・ふつう(650円)
a0197729_172213.jpg

あっさりとしたスープは、

口当たり軽く、あと味にほんのりと甘みが感じる上品な味。
a0197729_17508.jpg

麺は細麺ストレート。
a0197729_1781414.jpg

こちらは同行者の方ご注文の「とんこつ」↓
a0197729_1783613.jpg

これを見たら、次回は「とんこつ」にしようって思います(笑)

「特製」も今後の課題ということで^^;


ごちそうさまでした☆

美味しかったです!!


もうちょっと続く。。。
[PR]
by bairas000 | 2013-04-29 17:10 | グルメ

御前酒まつり2013 WAになろう御前酒

御前酒まつり2013 WAになろう御前酒
a0197729_10582647.jpg

◆日時 4月28日(日)11時~15時(受付は13時30分まで)
◆場所 岡山県真庭市勝山116
      御前酒蔵元(株)辻本店 瓶詰工場敷地内
◆会費 前売1,000円、当日1,200円(樽酒飲み放題チケット制)
◆内容 きき酒大会(11時~13時30分)
      酒粕キャンディーつかみ取り
      限定酒量り売り、酒粕詰め放題


続き、読む?
[PR]
by bairas000 | 2013-04-29 13:16 | イベント

瀬戸内国際芸術祭2013[直島~ANDO MUSEUM~]

003 ANDO MUSEUM  安藤忠雄
a0197729_0433399.jpg

「南寺」の鑑賞整理券を入手した後、

近くにある「ANDO MUSEUM」の様子を見に行くと・・・

開館していました!9:25
(開館時間は10:00~)
a0197729_0504684.jpg

スタッフの方が仰るには、

この日は団体様のご予約があったようで、

早めの開館となったそうです。
a0197729_0514313.jpg

2013年3月12日にオープンした「ANDO MUSEUM」は

建築家・安藤忠雄氏の活動と直島の歴史を伝える美術館です。
a0197729_0543615.jpg

※写真撮影禁止。外観は写真撮影可。

築100年以上の木造民家の外観を残しつつ、

館内は打ち放しコンクリートの空間。

光の入り方がとても綺麗で、

団体様が来館されるまでのしばらくの間、

ゆっくりと鑑賞させていただきました^^
[PR]
by bairas000 | 2013-04-28 01:05 | 瀬戸内国際芸術祭2013

瀬戸内国際芸術祭2013[直島~家プロジェクト「南寺」バックサイド・オブ・ザ・ムーン~]

006 家プロジェクト「南寺」バックサイド・オブ・ザ・ムーン
a0197729_2318196.jpg

家プロジェクト(いえプロジェクト)
香川県直島町・本村地区において古民家を改装し、
現代の芸術家が家の空間そのものを作品化(インスタレーション)した
7つの建築からなるプロジェクト。

a0197729_23423062.jpg

南寺
明治時代まで「南寺」という寺院が実在していた場所に
安藤忠雄が設計を担当し、新たに建てられた建物。
内部のジェームズ・タレルの作品のサイズにあわせ設計されている

a0197729_2343302.jpg

自転車を借りて、最初に向かったのは「南寺」。
a0197729_2343749.jpg

家プロジェクトは10:00~鑑賞ですが、

「南寺」の鑑賞整理券を入手するために、

9:00過ぎ、現地にて待機。

私の前には、4名の方が並んでいました。

スタッフの方が仰るには、

この日は団体様のご予約があったようで、

10:15~の鑑賞になります、とのこと。

9:22 「南寺鑑賞券10:15」整理券を無事入手しました^^
a0197729_23425327.jpg

整理券には15分と書いてありますが・・・10分前に集合とのこと。
a0197729_2339295.jpg

9:27 

集合時間まで、近くのアート作品を鑑賞。

10:00 5分前行動で「南寺」に戻ってきました!!
a0197729_235258.jpg

a0197729_23561550.jpg

※写真撮影禁止。外観は写真撮影可。

いよいよ、10:15鑑賞時間となりました。

スタッフの方から事前に簡単な説明があります。

鑑賞は一度に16人ずつ。

入口から左手を壁に添えたまま、中へ入ります。

中は、真っ暗な闇。

自分の手も見えず、怖いくらいの闇です。

中にもスタッフの方がいて、

「椅子に座ってください」と指示がありますが、

椅子の場所も、全くわかりません!!

手探りで椅子の位置を探していると、スタッフの方が

誘導してくれ、何とか椅子に座ることができました。

静かな闇の中、

ほんの一瞬見えて、消えて、また見える。

かすかな光をとらえることができます。

それは、次第に消えることなく

映し出されました。
※見え方には個人差があるようです。

私が入り込んだのは、闇ではなく、光。

素晴らしい体験ができました。
[PR]
by bairas000 | 2013-04-28 00:36 | 瀬戸内国際芸術祭2013