瀬戸内国際芸術祭2013[本島~耳鳴り~]

108 耳鳴り 本間純 10:45
a0197729_17231716.jpg

来迎寺の一室に設置されています。
a0197729_1726411.jpg

a0197729_17262410.jpg

畳の上に、畳をプリントした彫刻。

影のような、地図のような。
a0197729_1740072.jpg

来迎寺の門から。思わず、足が止まります。
[PR]
# by bairas000 | 2013-11-10 17:46 | 瀬戸内国際芸術祭2013

瀬戸内国際芸術祭2013[本島~島スープ~]

a0197729_8392142.jpg

9:20頃、

島スープに並び始める時間が来ました。泊自治会集会所へ向かいます⇒⇒⇒

私は7番目。

【丸亀 ⇒ 本島】
7:40→8:15
9:00→9:35
【児島 ⇒ 本島】
9:30→10:00

本島に到着する船の時間がポイント。

この日は平日でしたので、8:15本島着のフェリー到着後、

島スープへ並ぶ人はいませんでした。

それを確認後、他作品を鑑賞し、

一番乗船客が多いと思われる9:35本島着のフェリーが来る前に、

島スープへ。

フェリー到着後、本島港から

多くの来島者の方々が、走って走って島スープへまっしぐら!!!

平日なのに、ものすごい人の多さです。

あっという間に、行列が伸びました。

10:00本島着の船到着後も、さらに島スープの行列は伸びて・・・

料理提供時間前から、約100人の行列です。
a0197729_9112791.jpg

アーティストのEAT&ART TARO(いーと & あーと たろう)さんが、

並んでいる人たちに、島スープの説明など。

今回の島スープは味噌仕立ての「結びのスープ」。

~「島スープ」とは~
食とアートを融合する試みを続ける作家が、
沙弥島、伊吹島、本島の島ごとのスープをつくる。
島の人たちと話をしたり調査をしながら、その島にふさわしいよう考案した逸品。


10:30 島スープ、提供開始。
a0197729_9423569.jpg

運よく、私が待っている場所は座れる場所でしたので

楽だったのですが、とにかくこの日はお天気で、

暑くて、ちょっとだけ手の甲が日焼けしました^^;
a0197729_10284964.jpg


164 島スープ EAT&ART TARO(500円) 10:32
a0197729_9421845.jpg

沙弥島(春会期)の「千年スープ」

伊吹島(夏会期)の「副産物スープ」

本島(秋会期)では「結びのスープ」。

島の人々が愛用している岡山産の味噌と、

香川(本島)で捕れた魚や野菜を使用。
a0197729_101063.jpg

蓮根団子の中には、鯛やイカ、サツマイモ、牛蒡など、具沢山!!

すだちの爽やかな香りもよく◎

優しい味わいのお味噌汁に感動です。

島スープをいただいている間は、

沙弥島や伊吹島のことを思い出しながら。

食とアートの融合のみならず、

島と、人と、いろいろな「結び」を学ばせて頂きました。

ごちそうさまでした。

島スープと共に購入した

タコ飯(500円)
a0197729_10171458.jpg

[PR]
# by bairas000 | 2013-11-10 10:29 | 瀬戸内国際芸術祭2013

瀬戸内国際芸術祭2013[本島~シーボルトガーデン~]

106 シーボルトガーデン  カリン&パット/川口豊・内藤香織 8:54
a0197729_23584398.jpg

自転車を駐輪場に停めて、ちょっと坂道を徒歩2分。

シーボルトガーデンに到着です。
a0197729_23592593.jpg

瀬戸内の美しさをヨーロッパに伝えたシーボルトは、日本の植物を持ち帰りヨーロッパに広めた。
その植物を瀬戸内の自然の中で育てる庭を、環境彫刻や映像インスタレーションとともに展開する。

a0197729_081361.jpg

中に入ると、植物の採取箱が並べてあったり、各部屋で映像が流れています。
a0197729_0102795.jpg
a0197729_0103494.jpg
a0197729_0104032.jpg
a0197729_0104624.jpg

波の音が聞こえてくるので、部屋を覗くと・・・
a0197729_0112761.jpg

床一面に映し出されている波打ち際。中央には木箱。
a0197729_0133745.jpg

この木箱の中も映像が流れています。花びらのような・・・?
a0197729_014184.jpg

シーボルトが愛した自然がテーマのこちらの作品。

見応えがありました。
a0197729_0211737.jpg

防波堤にあるこちらのオブジェは、

シーボルトガーデンの彫刻家:カリンさんが制作したものだとか。

シンプルでありながら、この存在感。

素晴らしいです。
[PR]
# by bairas000 | 2013-11-10 00:25 | 瀬戸内国際芸術祭2013

瀬戸内国際芸術祭2013[本島~New Port -青い香辛料-~]

000 New Port -青い香辛料-  岩田草平×プロマイノリティ  8:47
a0197729_2374039.jpg

惣光寺から再度、泊集落へ⇒⇒⇒

途中にある作品を鑑賞。
a0197729_2312529.jpg

a0197729_23121685.jpg

インドの先住民族サンタルの人たちが本島に滞在し、

初めて海を見る彼らが、島の生活にふれながら倉庫を作りました。

こちらの作品は、10月中旬頃、完成したそうです。
a0197729_23142113.jpg
a0197729_23143181.jpg

壁には様々な絵が描かれていました。
a0197729_23143873.jpg
a0197729_2314467.jpg

中に入ると、小さな船が置かれていて、

その向こうには寝所があり、左奥にはかまど。
a0197729_23231172.jpg
a0197729_2329755.jpg

a0197729_23311491.jpg

この場所からも、瀬戸内海と瀬戸大橋が綺麗に見えます。
[PR]
# by bairas000 | 2013-11-09 23:32 | 瀬戸内国際芸術祭2013

瀬戸内国際芸術祭2013[本島~つなぐ~]

110 つなぐ  力五山(加藤力、渡辺五大、山崎真一) 8:39
a0197729_22262991.jpg

時間に余裕があるので、鑑賞できる作品から。

泊集落から惣光寺へ、電動自転車で向かいます⇒⇒⇒
a0197729_2233023.jpg

参道には、杉板に描かれた絵が並びます。
a0197729_2238274.jpg

a0197729_22374430.jpg
a0197729_22375029.jpg

a0197729_22381461.jpg

人々の手が入らない状態となった惣光寺を蘇らせる試み。
a0197729_22432175.jpg

草は海、赤いバルーンは島を現しています。

この橋は実際、渡ることができます。
a0197729_22442886.jpg

橋を渡ると、アルミ箔で覆われた本堂が見えます。
a0197729_22454183.jpg

過去と今、人と島をつなぐ、見事な作品でした。
[PR]
# by bairas000 | 2013-11-09 22:50 | 瀬戸内国際芸術祭2013