人気ブログランキング |

試写会「ALWAYS 三丁目の夕日'64」

1月19日(木)

試写会「ALWAYS 三丁目の夕日'64」

を観に行って来ました☆
a0197729_22215842.jpg

あらすじ: 昭和39年、日本中が高度経済成長と
東京オリンピックに沸く中、東京・夕日町三丁目は
いつものように住民たちが和気あいあいと暮らしていた。
小説家の茶川(吉岡秀隆)は間もなく新しい家族を迎えようとしており、
鈴木オートの則文(堤真一)も事業を軌道に乗せ、
三丁目中が活気にあふれていた。
しかし、そんな中転機を迎える人もいて……。
(シネマトゥデイより)






★ネタバレ注意★

TOHOシネマズ岡南へ。

開場18:15/開演18:30


私は「三丁目の夕日」シリーズが大好きで♥

1作目2作目は何度も観ています!

今回、3作目となる

「ALWAYS 三丁目の夕日'64」も

随分前からとても楽しみにしていました。


今作品初の3D上映もありましたが、

試写会は2Dでした。

それでも、十分満足でした◎


今回は、1964年が舞台。

・・・私が生まれる10年前かw
a0197729_22394932.jpg

上映が始まると、

懐かしい顔ぶれがスクリーンに登場。

「ただいま」

という感じかな?^^
a0197729_2241357.jpg

安心してみることができるのですが、

今ひとつ

心をぐっと掴まれるようなエピソードはなかったかも^^;

が、この平凡さが「三丁目」ならではのものかもしれない。
a0197729_22433631.jpg

印象的だったのは、

茶川さん(吉岡秀隆)と父親との確執の真相が明らかになったところ。

勘当されていた実家の自分の部屋で

号泣するシーンには泣けました。
a0197729_22462770.jpg

鈴木オートで働く六ちゃん(堀北真希)は

人生の転機を迎えます。

茶川さん(吉岡)とヒロミ(小雪)夫婦には新しい家族が増えます♪

ここまで長かったなぁ~・・・

その一方、淳之介(須賀健太)との別れ。

茶川さんは、

かつての自分の姿を淳之介に重ねていたのでしょう。


これって、次回作に続く?!

「ホントにこれでいいの?!」

みたいな終わり方だったので・・・



去年4月、

今作品のロケが西大寺の五福商店街にて行われ、

私も見学に行って来ました!

そのシーンがわかりました!

映画の中では

とても短いシーンでしたが

岡山でロケがあったことが嬉しいな♥

また来てね!



ところで!

以前から思っていたのですが・・・

「試写会」に当選するとはがきが送られてきます。
a0197729_2363415.jpg

このはがきは、

試写会当日、映画館で回収されてしまうのですが・・・


本当は、

記念に取っておきたいんですよ~!

特に今回の「三丁目」は手放したくなかった・・・
by bairas000 | 2012-01-22 23:13 | 映画


<< cafe capri BISTRO na菜 >>